住まいづくり〜街づくり 豊かな暮らしと街を考える総合コンサルタント

高経年マンション流通支援/オールド・プラス

高経年となった中古マンションのストックは多くなり、流通(売買)件数は年々増加しています。売主、買主が安心して取引できる、情報提供サポートが重要な時代となってきました。

高経年マンションにおける諸要素

築年数が高経年化した中古マンションの流通が増えたことで、新築や築浅の物件とは異なった要素の情報が求められるようになりました。

「OLD PLUS」では高経年ならではの要素を踏まえた調査と考察を行うことで、売主・買主双方の状況把握と取引後のトラブルを低減することを目的として います。

潜在的なトラブル

    

売買の際の重要事項説明だけでは判断が難しい内容も多く、高経年マンションならではの購入してから気づく問題点も多くあります。

image

 

OLD PLUS の役割

    

image

     
    
    

image

     
    

image

マンション建替え、リノベーション支援、マンション管理診断をはじめ建築不動産の総合コンサルタント業務を行っているタウン・クリエイションでは、一般の重要事項説明では網羅されない情報提供や支援が可能です。

昨今、インスペクションの重要性、関心が高まっていますが、建物の状況だけでなく、将来を見据えた調査や考察を行うことがOLD PLUSの大きな特徴です。

ご相談・お問合せ先はこちら

日本のマンション事情の現在

   

昨今、新築マンション価格の高騰、スクラップ&ビルド型住宅の環境負荷の 側面、また国全体として将来的な少子化を見据える中で、既存住宅の有用性を見直し、再評価する動きが拡大しています。


2007 年以降、分譲マンションの新規供給戸数は急激に減少する一方、ストッ ク数は比例的に増えています。
2017 年時点のマンションストック総数は約644 万戸、うち築年数30 年以上 の物件は172 万戸あり、これは全体の25%に相当します。
既存マンションのうち、実に約4 分の1 が高経年マンションとなる計算です。、また国全体として将来的な少子化を見据える中で、既存住宅の有用性を見直し、再評価する動きが拡大しています。

 


市場の動向から見ても、新規で売りに出される物件の平均築年数は上昇の一途を辿っており、成約物件の平均築年数を押し上げています。
ストックマンションの年数別構成比では、現状築30 ~ 40 年の物件が最も多 いものの、20 年後には築50 年を超えるマンションが急激に数を増やし、各 年代別でほぼ同数と、さらなるマンションの高齢化が予想されています。